Shopifyをローカル環境で開発するためのAPI設定方法

shopifyをローカル環境で開発するには、API連携をする必要があります。
今回はその方法について説明します。

ストアを作成する

まずは、ストア管理画面にログインしストアを追加しましょう。

ストア情報の入力画面が表示されるので、メールアドレス等情報を入力してください。
注意するのは以下2点のみです。
・ストアタイプ:開発タイプを選択
・開発者プレビュー:チェックを外す

shopify管理画面から、プライベートアプリ設定をする

ストアが作成できたら、アプリ管理→「プライベートアプリを管理する」を選択します。

「プライベートアプリをの開発を有効にする」を選択

チェックボックスにチェックをいれ、「プライベートアプリの開発を有効にする」を選択

「プライベートアプリを作成する」を選択

・プライベートアプリ名(※何でもいいです)
・メールアドレス
2か所を入力したら「非アクティブなAdmin API情報を表示する」を選択

いろいろな項目が表示されるので
「テーマ」のみを「読み取りおよび書き込み」に変更する

設定を保存して「アプリを作成する」を実行する

APIキーが作られていればオッケーです

コマンドプロンプトを立ち上げて、コードを入力する
theme new --password=[your-password] --store=[your-store.myshopify.com] --name="New Blank Theme"
your-password:上の画像に表示されている、パスワードをコピーして貼り付けます
your-store.myshopify.com:管理画面のURLをコピーして、「.myshopify.com」より前を変更します。
※[ ]は不要なので削除してください。

正しくコマンドが実行できると、こんな結果が表示されます。

管理画面のオンラインストア→テーマを選択すると
作成したテーマが表示されています。
以上で設定は終了です、お疲れさまでした!